トップページ > 入居者様へ > 防音対策

防音対策

 私たちの生活の中では、ピアノ・ステレオ・テレビなどの楽器や音響機器、あるいは、エアコン・掃除機・洗濯機などの家庭用機器の使用によって、さまざまな音が発生しています。また、歩行やドアの開閉など人の行動による音もあります。これらの音の中で望ましくない音などを、近隣騒音または生活騒音と言っています。
近隣騒音または生活騒音については、共同住宅のため、ある程度の音は「生活音」として許容しなくてはなりません。しかし昼間は気にならない程度の音でも夜になると思いのほか響くことがあり、トラブルの原因となりますので十分注意してください。また普段から防音対策も行いましょう。

家庭用機器

クーラー・洗濯機・掃除機など

低騒音型の機種を選ぶ
早朝や深夜の使用をできるだけ控える
エアコンの室外機はなるべく隣家から離した場所に設置するとともに、振動が発生しないよう、架台に取り付ける
洗濯機の下に防振マットを敷く
音響機器

テレビ・ステレオ・など

窓やドアは閉め、厚手のカーテン、カーペットを利用する
早朝や深夜の楽器演奏は避ける
テレビやステレオなどは、早朝や深夜は音量を小さくしたり、ヘッドホンを使用したりする
住宅設備

浴室・トイレの給排水音・ドアの開閉音など

夜遅くの入浴は控え、浴槽に水を入れるときはホースを長くし、音を小さくするなど工夫する
給排水音を小さくするため、流し台にマットを敷いたり、蛇口に消音キャップを付けたりする
ドアの開閉音を小さくするために、ドア・ストッパーやスポンジなどの緩衝材を使用する
その他

自動車の空ぶかし音・足音・人声など

アイドリングは最小限にし、不必要な空ぶかしやクラクションは止める
集合住宅では、マットを敷くなどして足音などが階下に響かないようにする
早朝や深夜の話し声、騒ぎ声に注意する

騒音のレベルと目安    単位:デシベル(dB)