トップページ > 入居者様へ > 安全対策

安全対策

ドロボウ悪徳商法災害

ドロボウ

家人等が不在の住宅に侵入し、金品を盗む「空き巣」。夜間家人等の就寝中に住宅に侵入し、金品を盗む「忍び込み」。いずれも侵入盗と呼ばれるもので、家の人に見つかると強盗に早変わりする場合もあります。日頃からの気配りが大切です。

ドロボウに関する安全対策 一覧

ドロボウ防止の4原則

ドロボウに入られないためには、ドロボウの侵入しにくい環境を作ることが大切です。お部屋の対策はもちろん、地域での街づくりも重要です。

窓を1ドア2ロックにする、防犯フィルムを貼る、ドアをピッキング・ドロボウに強い錠にするなどして、侵入までの時間がかかるよう工夫しましょう。約7割の侵入犯は、5分を超えれば犯行をあきらめるといわれています。
門灯の終夜点灯やセンサーライトをつけるなどして、家の周りを明るくしましょう。
窓やドアにセンサーアラームをつけるなど、侵入しようとすると大きな音がする環境を作りましょう。
近所付き合いを大切にして、住民が街全体を監視している体制を作り、地域で街を守りましょう。

侵入盗からの防犯対策