トップページ > 入居者様へ > いざという時の設備対処方法

いざという時の設備対処方法

水漏れ蛇口トイレガス電気エアコン

トイレ

トイレの仕組みと名称

給水管フロート弁(ゴム弁)
レバー排水管
手洗い管止水栓
ボールタップチェーン
浮玉支持棒
オーバーフロー管  
  • ②レバーを上げると、⑦フロート弁が開き、水がトイレに流れ込みます。
  • 水がトイレに流れ込むと、タンクの中の水位が下がるので、⑤浮玉も一緒に下がり、④ボールタップの弁が開いて、タンク内に水が給水されはじめます。水位が⑦フロート弁までに達すると、フロート弁が閉じ、トイレへの排水がとまります。
  • ⑤浮玉が一定の水位になるまでタンク内に水を貯めます。
    ※一定以上の水位になってしまった場合、⑥オーバーフロー管から水が流れ出るようになっています。
  • 水位が上昇して、⑤浮玉が上がりきると、④ボールタップ弁が閉じ、タンク内への給水を停止します。
作業が難しいと思ったら、無理に触らずミニテック管理担当店にご連絡ください。
個人でタンクの蓋を取り外す場合、タンクの蓋は非常に重く、割れやすいため取扱には注意してください。

トイレの水が止まらない場合

水が溢れないように、タンクの横もしくは下にある⑨止水栓をマイナスドライバーでゆっくり回し、水を止めてから作業を行います。

オーバーフロー管から水が流れ出ていない場合

  • ⑧排水口と⑦フロート弁の間にゴミが詰まっていないか確認をし、ゴミが詰まっていた場合、ゴミを取り除きます。
  • ⑧排水口と⑦フロート弁にゴミが詰まっていない場合、⑦フロート弁が劣化していないか確認をします。劣化していた場合、修理または取替えが必要になりますので、ミニテック管理担当店にご連絡ください。
  • 上記2つに該当しない場合、④ボールタップの修理・交換が必要になります。ミニテック管理担当店にご連絡ください。

オーバーフロー管から水が流れ出ている場合

  • ⑤浮玉や⑩チェーンが引っかかっていないか確認をし、引っかかっていた場合、引っかかりを取り外します。
  • 引っかかりが無い場合、④ボールタップが正常に作動しているか確認をします。タンク内の水を排水し、手で⑤浮玉を水の排水が止まる位置まで持ち上げます。
  • それでも水が出てくるようでしたら④ボールタップの修理・交換が必要になりますのでミニテック管理担当店にご連絡ください。

トイレの水が出ない場合

タンク内に水がある場合

  • ⑩チェーンが引っかかっていないか、もしくは切れていないか確認をします。引っかかっていた場合、引っかかりを取り外します。切れていた場合、修理・交換が必要になります。ビニール紐などでチェーンの端と端を結ぶことで、簡単な応急処置が可能です。処置後ミニテック管理担当店へご連絡ください。

タンク内に水が無い場合

  • ⑨止水栓が閉まっていないか、確認をします。⑨止水栓が閉まっている場合は⑨止水線を開きます。
  • ⑤浮玉が引っかかっていないか、確認をします。⑤浮玉が引っかかっている場合、引っかかりを取り外します。ひっかかりを取り外し後、⑤浮玉が下がり④ボールタップ弁が開き、タンクに水が流れ込みます。
  • ⑤浮玉が下がっても、水が出ない場合、④ボールタップの修理・交換が必要になりますのでミニテック管理担当店へご連絡ください。

トイレが詰まってしまった場合

  • ビニールの中央に穴を開け、開けた穴にラバーカップ(吸引用具)の持つ箇所を通します。ラバーカップを通したビニールでトイレ便器をしっかりと覆ってください。(ラバーカップを取った後に水等が外に飛ばないようにするため)
  • ラバーカップを排水口に密着させ、手前に引いたり、押したりを繰り返します。
  • 詰まりの確認をする時は、バケツ等で水を少しずつ流して、詰まりが取れているか確認をします。詰まりが取れていないようであれば、再度ラバーカップで吸引してください。詰まりが取れていない場合に、タンクの水を流すと、水があふれ出てしまう可能性があるので注意してください。
  • 上記を繰り返しても直らない場合、ミニテック管理担当店にご連絡ください。