トップページ > 入居者様へ > いざという時の設備対処方法

いざという時の設備対処方法

水漏れ蛇口トイレガス電気エアコン

トイレ

トイレの仕組みと名称

サービスブレーカー(電流制限器)分電盤の左側についているブレーカーで契約以上の電流が流れると自動的に電気が 止まる仕組みになっています。
漏電ブレーカー(漏電遮断器)配線や電気器具の漏電をすばやく感知し、自動的に電気を切ります。
安全ブレーカー(配線用遮断器)分電盤から各部屋へ電気を送る分岐回路のそれぞれに取り付けられています。電気機器やコードの故障でショートした時や、使いすぎで過電流が流れた場合に電気を自動的に遮断します。
分電盤分電盤とは電気を安全に使用するために必要な漏電ブレーカー(漏電遮断器)や 安全ブレーカー(配線用遮断器)を1つにまとめた箱をいいます。住宅用分電盤では、 これらの他にサービスブレーカー(電流制限器)を取り付けてある箱もあります。

電気が急に消えてしまった場合

突然部屋中の電気が消えてしまったら、まずは以下の順で確認をしましょう。

近隣の住宅を調べる
近隣の明かりも消えていたら、電力会社へ連絡をしてください。
自宅のブレーカーを調べる
近隣の明かりが消えていなければ、ブレーカーを調べましょう。下記の原因が考えられますので参考にしてください。ブレーカーを照らす照明器具が必要です。

サービスブレーカーが切れている場合

主な原因 : 電気の使いすぎ

  • ご使用中の電気器具のプラグをコンセントから抜きます。
  • サービスブレーカーを「入」にすると電気がつきます。

漏電ブレーカーが切れている場合

主な原因 : 漏電

  • サービスブレーカーのつまみが「入」になっている事を確認します。
  • 安全ブレーカーを全て「切」にします。
  • 漏電ブレーカーのつまみを一度「切」にしてから「入」にします。
  • 安全ブレーカーをひとつずつ「入」にします。
  • 安全ブレーカーを入れていく途中で漏電ブレーカーが切れたら、その安全ブレーカーに問題があります。
  • 再度、安全ブレーカーを全て「切」にします。漏電ブレーカーが切れる原因となった安全ブレーカー以外をひとつずつ「入」にします。問題のあった安全ブレーカーは「切」にしておきます。
  • 「切」にした箇所以外の電気は利用できます。「切」になった箇所はその回路の配線か電気器具が絶縁不良で漏電しています。「切」のままにしておき、ミニテック管理担当店にご連絡してください。

安全ブレーカーが切れている場合

主な原因 : その回路での電気の使いすぎ、または電気機器やコードなどの故障

  • 切れた箇所でご使用中の電気器具のプラグをコンセントから抜きます。
  • 安全ブレーカーを「入」にすると電気がつきます。
  • ブレーカーを「入」にできない場合、器具故障または漏電等が考えられますのでミニテック管理担当店にご連絡ください。