トップページ > 入居者様へ > お部屋の使用についての注意点

お部屋の使用についての注意点

No.1家具・家電等を室内に搬入するときは、扉・壁・フローリング・畳等にキズがつかないように、扉・壁に保護カバー等をつけたり、フローリング・畳にマット等を敷くなどしてキズがつかないように注意してください。

No.2冷蔵庫を設置する場合、壁に冷蔵庫を直接つけず、少し空間を空けて設置してください。直接つけてしまうと、故障の原因や、壁クロス等の変色の原因になりますので注意してください。

No.3タバコを室内で吸われる場合は、換気を十分に行ってください。換気を怠ってしまうと、タバコの臭いが室内に残ったり、壁クロス等の変色の原因になりますので注意してください。

No.4雨が室内に吹き込んでしまった場合、放置せずに直ぐに吹き込んだ雨を拭き取ってください。拭き取りの遅れや拭き取らなかった場合、吹き込んだ箇所にシミ・カビが発生する原因になってしまいます。またフローリング等では色落ちの原因となってしまうので注意してください。

No.5フローリング・畳等に飲み物をこぼしてしまった場合、放置せずに直ぐにこぼした飲み物を拭き取ってください。拭き取りの遅れや拭き取らなかった場合、飲み物をこぼした箇所にシミ・カビが発生する原因になってしまいます。またフローリング等では色落ちの原因となってしまうので注意してください。

No.6クーラーから水漏れしてきた場合、放置せずに直ぐに拭き取ってください。拭き取りの遅れや拭き取らなかった場合、壁等を腐食させる原因となってしまいます。またフローリング等では色落ちの原因となってしまうので注意してください。

No.7キャスター付のイス・棚等を利用する場合、フローリング・畳等にキズを付ける原因となりますので、マットを敷くなどしてキズがつかないように注意してください。

No.8壁等に物を掛ける場合、釘の使用を避け、画鋲を使用してください。また画鋲を使用する場合は画鋲の穴が一箇所に集中しないように注意してください。

No.9台所等で油を使用する場合、使用後は周辺器具や壁等の油をしっかりと拭き取るなどの手入れをしてください。使用後の手入れが悪くなってしまうと、油汚れやススの付着原因になってしまいますので注意してください。

No.10換気扇等に付いた油汚れ・ススはこまめに拭き取るように手入れをしてください。手入れが悪くなってしまうと、油汚れやススの付着原因になってしまいますので注意してください。

No.11結露は梅雨時・冬場等に発生しやすくなります。結露が発生しないように換気を十分に行ってください。結露を放置すると、壁等を腐食させる原因や結露箇所にシミ・カビが発生する原因になってしまいますので注意してください。また風通しの悪い、押入れや収納等も少し開けて風通しをよくしてください。

No.12天井に照明器具を取り付ける場合、照明器具用コンセントを使用してください。設置された照明器具用コンセントを使用しない場合、天井に照明器具の跡が残ってしまう場合がありますので注意してください。

No.13風呂・洗面台・トイレは換気を十分に行ってください。また、シャンプー・石鹸の泡等はしっかり流し、こぼれた水は拭き取るようにしてください。換気や手入れを怠ってしまうと、水垢やカビが発生する原因になりますので注意してください。

No.13マンションでのペット飼育は一時的な預りも含めて禁止しています。